明星フィルハーモニー管弦楽団は、
1992年に明星大学青梅キャンパスにて発足しました。

学生を中心に、卒業生、活動に賛同していただいた青梅近隣にお住いの方々にお力を貸していただき、入学式、卒業式、年2回の定期演奏会や学園祭、教会でのクリスマスコンサートといった地域密着型の活動を行ってきました。

2010年に明星大学日野キャンパスに活動の場を移してからは、
定期演奏会や学内ホールにおけるミニコンサートなどの演奏活動を精力的に開催していましたが、残念ながら諸事情により2015年の定期演奏会を最後に活動休止となりました。

しかし1年後の2016年後半、卒業生を中心に演奏活動を再開。 2017年10月には約2年半ぶりの演奏会を、府中明星学苑内の児玉九十記念講堂にて行うことができました。

現在、現役の学生は以前に比べ少ないですが、
顧問の教員や卒業生と一緒に演奏会に向けて日野キャンパス内で月に2回ほど練習しています。
入団希望者の多くは音楽経験がなく、高校時代は運動部だった学生も少なくありません。
入団当初は楽譜が読めなかった学生も、団員同士で音を合わせる楽しさや先輩のフォローにより日々切磋琢磨し、今では先頭に立って団をひっぱっていく存在に成長しました。

学生の皆さん、一度見学にいらっしゃいませんか?

学生が少ないという状況は不安に思えますが、逆に言えば、自分のやりたいように団を動かせるということです!もちろん、そのお手伝いを卒業生がします!!
練習の見学も随時おこなっていますので少しでも気になった方、
どうぞお気軽にお問い合わせください♪

明星フィルハーモニー管弦楽団

ページの先頭へ