1992年に明星大学青梅キャンパスにて、明星フィルハーモニー管弦楽団は発足いたしました。

当時の学生を中心に、卒業生、活動に賛同していただいた青梅近隣にお住いの方々と共に年2回の定期演奏会や学園祭、教会でのクリスマスコンサートなど、地域密着型の音楽活動を行ってまいりました。また、これらの活動に加え明星大学の吹奏楽団や室内合奏部と合同で入学式・卒業式など、年間を通して演奏活動を続ける日々を過ごしておりました。

2010年に明星大学日野キャンパスに活動の場を移転してからは、日野市を拠点とし定期演奏会や学内ホールにおけるミニコンサートなどの演奏活動を行っておりました。

2015年の定期演奏会を最後に休演しておりましたが、2016年後半、卒業生を中心に演奏活動を再開いたしました。

2017年10月には約2年半ぶりの演奏会を、府中明星学苑内の児玉九十記念講堂にて行いました。

現在、現役の学生は在籍しておりませんが顧問の教員や卒業生達で演奏会に向けて日野キャンパス内で月に2回ほど練習しております。
入団希望者の多くは音楽経験がなく、高校時代は運動部だったという学生も少なくありません。入団当初は楽譜が読めなかった学生も、団員同士で音を合わせる楽しさと先輩のフォローにより演奏会という大きな目標に向かって日々練習をし、楽しく過ごしました。

学生の皆さん、一度見学にいらっしゃいませんか?
学生が不在という状況は不安には思えますが、逆に言えば、自分のやりたいように団を動かせるということです!
もちろん、そのお手伝いを卒業生がします!!

まずは、顧問の教員までご連絡まっています!

明星フィルハーモニー管弦楽団

ページの先頭へ